大手門(読み)オオテモン

百科事典マイペディアの解説

大手門【おおてもん】

追手門とも。城の表門。出入口は城の弱点となるので,城内の見通しを避けるために土塁や堀,石垣で枡(ます)形を作るようになった。弘前城大手門はその古い形式。丸亀城大手門ではさらに発達し,櫓(やぐら)門と高麗(こうらい)門を2重に構えている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大手門の関連情報