梅ヶ谷津偕楽園(主屋・石塀及び石段・石垣・稲荷社・庭園)(読み)うめがやつかいらくえん

事典 日本の地域遺産の解説

梅ヶ谷津偕楽園(主屋・石塀及び石段・石垣・稲荷社・庭園)

(長崎県平戸市明の川内町)
景観資産〔長崎県〕」指定の地域遺産。
平戸藩35代藩主松浦熈公の別邸。主屋は南側の海と庭園に望み、斜面中腹石垣を築く。木造桟瓦葺きで、南側の部分だけが2階建。現在は資料館として公開。国登録有形文化財

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」事典 日本の地域遺産について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android