コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅譜 ばいふmei-pu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

梅譜
ばいふ
mei-pu

画梅の歴史,技法に関する論述,図譜,画梅を得意とした画家の評伝などを集成した書。中国,北宋後期の禅宗画僧,仲仁の撰とされる『華光梅譜』 (1巻) ,南宋の宋伯仁撰『梅花喜神譜』 (2巻) ,元の呉太素撰『松斎梅譜』 (15巻) などがある。特に『松斎梅譜』は数種の抄本が日本に伝存するのみであるが,梅譜として完備した体裁をもち,牧谿 (もっけい) ,玉澗 (ぎょくかん) らの基本的伝記資料を収めている点でも価値が高い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

梅譜の関連キーワード島田 修二郎十竹斎書画譜島田修二郎林 光雄井川鳴門劉世儒林光雄趙孟堅ウメ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android