コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梶野悳三 かじの とくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梶野悳三 かじの-とくぞう

1901-1984 昭和時代の小説家。
明治34年1月29日生まれ。横須賀海兵団にはいり,柔道にはげみ4段となる。退団後,梶野千万騎(ちまき)の名で「試合もの」をかく。昭和8年山手樹一郎らと「大衆文学」を創刊長谷川伸の新鷹会に参加し,17年「鯨の町」,22年「鰊漁場(にしんば)」を発表,海洋作家として知られた。昭和59年4月1日死去。83歳。新潟県出身。本名は正義。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

梶野悳三の関連キーワードジャコ万と鉄昭和時代小説家

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android