コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒使い ぼうつかい

防府市歴史用語集の解説

棒使い

 腰輪踊[こしわおどり]でのおどり手の1つで、先頭で悪霊を払う役目です。本来はうちわ胴取りが対になっておどるのですが、宇佐八幡宮[うさはちまんぐう]の腰輪踊では、うちわのかわりに棒使いが胴取り[どうとり]とともにおどります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

棒使いの関連情報