コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒使い ぼうつかい

1件 の用語解説(棒使いの意味・用語解説を検索)

防府市歴史用語集の解説

棒使い

 腰輪踊[こしわおどり]でのおどり手の1つで、先頭で悪霊を払う役目です。本来はうちわ胴取りが対になっておどるのですが、宇佐八幡宮[うさはちまんぐう]の腰輪踊では、うちわのかわりに棒使いが胴取り[どうとり]とともにおどります。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

棒使いの関連キーワード宇佐八幡宮踊り手鬼踊傘踊品革威俄踊腰輪踊鉦鼓たたき銅取り

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

棒使いの関連情報