コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒受け網 ボウウケアミ

デジタル大辞泉の解説

ぼううけ‐あみ【棒受け網】

敷きの一。漁船の側面から、方形、または箕(み)状の網を竹などの棒に付けて張り出しておき、集魚灯や撒(ま)き餌によって魚を誘導して、網の手前側の綱を引き上げてすくいとる。サンマ・アジ・サバ漁などに用いる。ぼけあみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

棒受け網の関連キーワード遠洋漁業浮敷き網沖合漁業秋刀魚

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棒受け網の関連情報