コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮子 フシ

デジタル大辞泉の解説

ふ‐し【浮子】

漁・釣り用のうき

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふし【浮子】

漁具に用いるうき。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮子
あば
float

漁具では具の上辺に取り付けられ、漁具の形状を保持し水面に支えたり、上方に展開させる役目をする資材。釣り漁具としては、浮きけ、浮かしなどともよばれ、錘(おもり)と併用して釣り針を所定の水深に保持する役割がある。材質的な条件として浮揚力の大きいこと、水中に浸漬(しんせき)中に吸水による浮揚力の減少が少ないこと、水圧・波浪による破損が少なく、破損・腐食しにくい堅牢(けんろう)な材質でできていること、自由な形状に加工が容易であることが望まれる。
 従来はタケ、キリ、マツ、ヒノキ、スギ、コルクなどの天然素材が用いられ、ついでガラス玉、ゴム球、鉄製浮子などが出現したが、現在はおもに合成樹脂の塩化ビニル、ポリエステル、ポリエチレン、ウレタン、ABS樹脂、合成ゴムなどが使用されている。形態・構造的には、平形、円球形、ロープ止め用の取っ手を有するもの、楕円(だえん)形、中央に貫通孔のあるもの、発泡体成形(硬質、軟質)など多種多様で、それぞれの漁具の目的に応じて使い分けられている。[添田秀男・吉原喜好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

浮子の関連キーワード地引網(地曳網)ネットホーラー沈子(ちんし)シイラ漬漁業面積流量計網端・浮子モンパノキ刺網漁業銀杏浮木あんば様巻網漁業敷網漁業罧∥柴漬海洋測器へら浮子トッグル流し刺網巾着網吾知網液面計