コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮子 フシ

3件 の用語解説(浮子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ふ‐し【浮子】

漁・釣り用のうき。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふし【浮子】

漁具に用いるうき。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮子
あば
float

網漁具では漁具の上辺に取り付けられ、漁具の形状を保持し水面に支えたり、上方に展開させる役目をする資材。釣り漁具としては、浮き、浮け、浮かしなどともよばれ、錘(おもり)と併用して釣り針を所定の水深に保持する役割がある。材質的な条件として浮揚力の大きいこと、水中に浸漬(しんせき)中に吸水による浮揚力の減少が少ないこと、水圧・波浪による破損が少なく、破損・腐食しにくい堅牢(けんろう)な材質でできていること、自由な形状に加工が容易であることが望まれる。
 従来はタケ、キリ、マツ、ヒノキ、スギ、コルクなどの天然素材が用いられ、ついでガラス玉、ゴム球、鉄製浮子などが出現したが、現在はおもに合成樹脂の塩化ビニル、ポリエステル、ポリエチレン、ウレタン、ABS樹脂、合成ゴムなどが使用されている。形態・構造的には、平形、円球形、ロープ止め用の取っ手を有するもの、楕円(だえん)形、中央に貫通孔のあるもの、発泡体成形(硬質、軟質)など多種多様で、それぞれの漁具の目的に応じて使い分けられている。[添田秀男・吉原喜好]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮子の関連キーワード水流速度計流速計水流地流れの里流速測流流れの人水流れ合成速度

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浮子の関連情報