コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棕櫚箒 シュロボウキ

デジタル大辞泉の解説

しゅろ‐ぼうき〔‐ばうき〕【×××箒】

棕櫚の毛を束ねて作ったほうき。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅろぼうき【棕櫚箒】

棕櫚の毛をたばねてつくった箒。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

棕櫚箒[その他(工芸)]
しゅろほうき

近畿地方、和歌山県の地域ブランド。
海草郡紀美野町で製作されている。江戸時代末期からつくられ始めたという。一枚の棕櫚皮から数本しか取れない弾力性・耐久性・耐水性に優れた鬼毛を用いる。やわらかいため畳や床を傷めにくく、長期間にわたって使用できる丈夫で掃きやすい。和歌山県郷土伝統工芸品。

棕櫚箒[その他(工芸)]
しゅろほうき

九州・沖縄地方、福岡県の地域ブランド。
うきは市で製作されている。棕櫚箒はやわらかく、細かいほこりまで掃きとることができる。1965(昭和40)年頃には十数軒の農家が副業として棕櫚箒をつくっていたという。福岡県特産工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

棕櫚箒の関連キーワード茶道/茶事用語うきは市近畿地方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android