コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森川香山 もりかわ・こうざん

1件 の用語解説(森川香山の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

森川香山

没年:元禄14(1701)
生年:寛永8(1631)
江戸前期の大和流弓術・柔術の始祖。通称四郎左衛門,惣兵衛宗一。香山は号。鳥取藩森川出身。父に寿徳派,外祖父から日置流射術を学ぶ。他に諸流を加え,22歳で大和流を開創。わが国の称でもある大和,日置流の祖日置弾正が大和出身,邪心を去り大いに和らげるという三つの理由からつけられた。はじめ幕府与力。のち弓術師範として下野烏山藩に仕え,さらに島原藩主松平忠房に250石で抱えられた。諸国回遊中,逸見流の熊谷一夢から神道思想を受け,儒仏の思想をも採り入れ大成させた。『弓道自讃書』など関係著述が多い。これも純日本流弓術に寄与した理由となっている。

(杉田幸三)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

森川香山の関連キーワード浅野長矩キッド浅野長矩浅野長矩フェリペ[5世]浅野長矩浅野長矩高田藩アイフル安東省庵

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone