森林インストラクター(読み)しんりんインストラクター

百科事典マイペディアの解説

森林インストラクター【しんりんインストラクター】

森林,農林業,山村に対する専門知識を身につけ,森林の案内,野外活動の指導,イベントの運営,環境に対する啓蒙活動などを行う専門家。1991年に創設された農林水産大臣認定の資格で,人々の自然志向を背景に生まれた。1999年1月現在770人が認定されている。20歳以上ならだれでも受験資格があるが,森林の仕組み,植生の推移,樹木,森林の動植物,山村と農林業,森林の効用,森林の施業,森林レクリエーション,キャンピング,ネイチャークラフト,救急処置法などの専門知識が必要で,これらに関する筆記試験のほか,2次試験として実技,面接が課される。国,地方公共団体,公益法人による8日間の養成講習も実施されている。→樹木医

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森林インストラクターの関連情報