コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

森林病害虫等防除法 しんりんびょうがいちゅうとうぼうじょほう

1件 の用語解説(森林病害虫等防除法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

森林病害虫等防除法
しんりんびょうがいちゅうとうぼうじょほう

昭和 25年法律 53号。森林に発生する病虫害などの被害の蔓延の防止,駆除の目的でつくられた法律。 1950年マツクイムシ (松喰虫) が全国的に発生したのを機に制定され,その後の改正を経て適用範囲が拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の森林病害虫等防除法の言及

【樹病学】より

…森林では育林的手段による伝染源の除去,環境改善に基づく発病軽減が防除の主体となり,長期的展望の下では抵抗性育種も加えられる。 なお,マツ類材線虫病とカラマツ先枯病は〈森林病害虫等防除法〉の指定を受け,予防と駆除に関して広域的な行政対応のとられている病害である。【小林 享夫】。…

【森林保護】より

…(2)病虫害 各種菌類やウイルスの寄生によって発生するスギ赤枯病,カラマツ先枯病などの樹病や食葉性害虫のマツカレハやマイマイガ,せん孔性害虫のいわゆるマツクイムシ(松食虫),吸汁性害虫のアブラムシなどの虫害は,一度大発生があると,周囲の健全な森林まで被害を受けるため,薬剤による防除,天敵微生物を用いる生物的防除,被害木の伐倒・剝皮・樹皮の焼却を含む総合防除などを行う。マツクイムシ,カラマツ先枯病など特定の病虫害に対しては〈森林病害虫等防除法〉の適用があり,国の補助によって防除が行われる。(3)動物による害 獣害は10年未満の造林地でしばしば問題になるが,ノネズミ,ノウサギなどの小動物は,天敵動物による捕食,わなによる捕殺,薬殺などの対策がある。…

※「森林病害虫等防除法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

森林病害虫等防除法の関連キーワード分収林林野森林施業(施業)緑資源公団が所管している森林森林整備法人が所管している森林市区町村が所管している森林森林蓄積森林組合加入者面積汚点病(トウモロコシ)黒カビ病

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone