コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棲霞寺石窟 せいかじせっくつQi-xia-si shi-ku

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

棲霞寺石窟
せいかじせっくつ
Qi-xia-si shi-ku

中国,江蘇省南京市北東の摂山にある古寺。南斉時代に明僧紹が居宅を寺とし,法度を開山としたのが起源と伝えられる。僧朗,僧詮,法朗,吉蔵などの高僧が出て,三論宗の教学の中心として,唐時代に栄えた。八角五層の石塔は隋の文帝が建てた仁寿舎利塔の一つと伝えるが,基壇釈迦八相図など浮彫の様式からみて,五代の南唐の建造とする説が有力。また創立当初頃から開かれた棲霞寺後方の千仏嶺と呼ばれる石窟寺院は,荒廃して昔日の姿はないが,南斉 (479~502) の遺跡として貴重。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android