コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

僧朗 そうろうSēng láng

世界大百科事典 第2版の解説

そうろう【僧朗 Sēng láng】

中国南朝期の仏僧。大朗とも称せられる。生没年不明。高句麗の遼東城(遼寧省遼陽)の人。5世紀後半に建康(南京)に来て,摂山棲霞寺で三論・華厳の学を講じた。クマーラジーバ(鳩摩羅什)に始まる三論の学は南北2派に分かれて衰微していたが,これを統合して再興させ,梁の武帝をして,当時盛んであった《成実論(じようじつろん)》を捨て三論の学を奉ぜしめるにいたった。三論の学は,のち隋代に吉蔵に継承されて三論宗として大成された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の僧朗の言及

【棲霞寺】より

…5世紀六朝の南斉時代の創建。つづく6世紀梁代に僧朗が住して以後,〈三論(中論,十二門論,百論)〉の学問の中心となり,〈三論宗〉を確立した隋の吉蔵(きちぞう)は僧朗3代の弟子である。また陳代には,江南でははじめて達磨の禅法がここに伝えられた。…

※「僧朗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

僧朗の関連キーワード棲霞寺石窟仏図澄良弁