コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椋梨一雪 むくなし いっせつ

美術人名辞典の解説

椋梨一雪

法師。通称三郎兵衛、号は牛露庵・柳風軒。松永貞徳門人。江戸・阿波等処々に歴遊した。著書に『肩入奉公』『言羽織』等がある。延宝8年(1680)歿、60才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椋梨一雪 むくなし-いっせつ

1631-1709? 江戸時代前期の俳人。
寛永8年生まれ。松永貞徳,山本西武(さいむ)の門人。寛文3年「茶杓竹(ちゃしゃくだけ)」をあらわし,安原貞室を論難した。のち大坂で説話作者となり,宝永6年ごろ没したらしい。俳書に「言之羽織(ことのはおり)」,説話集に「古今犬著聞集(ここんいぬちょもんじゅう)」などがある。京都出身。通称は三郎兵衛。別号に隠山,牛露軒など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

椋梨一雪

没年:宝永5.6頃?(1708)
生年:寛永8(1631)
江戸前期の俳人,説話(実録)作者。本貫は安芸国(広島県)椋梨村で,出生地は京都。通称を椋梨三郎兵衛という。一雪は「かずゆき」とも。別号,富士丸,隠山,牛露軒,柳風庵。松永貞徳に俳諧を学び,山本西武に従って俳諧師となる。俳諧の作品よりも,『正章千句』(1648)を批判した『茶杓竹』(1663)以下の論争や,『日本武士鑑』(1696)の序文で井原西鶴を批判したことで名を知られる。また,天和(1681~84)ごろ難波に移ってから著した『古今犬著聞集』『犬著聞集抜書』『続著聞集』(『新著聞集』は改編本)は,近世説話の源流をなすものとされる。

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

椋梨一雪の関連キーワード中島貞晨没年荷兮

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android