コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椋梨一雪 むくなし いっせつ

3件 の用語解説(椋梨一雪の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

椋梨一雪

法師。通称三郎兵衛、号は牛露庵・柳風軒。松永貞徳門人。江戸・阿波等処々に歴遊した。著書に『肩入奉公』『言羽織』等がある。延宝8年(1680)歿、60才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椋梨一雪 むくなし-いっせつ

1631-1709? 江戸時代前期の俳人。
寛永8年生まれ。松永貞徳,山本西武(さいむ)の門人。寛文3年「茶杓竹(ちゃしゃくだけ)」をあらわし,安原貞室を論難した。のち大坂で説話作者となり,宝永6年ごろ没したらしい。俳書に「言之羽織(ことのはおり)」,説話集に「古今犬著聞集(ここんいぬちょもんじゅう)」などがある。京都出身。通称は三郎兵衛。別号に隠山,牛露軒など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

椋梨一雪

没年:宝永5.6頃?(1708)
生年:寛永8(1631)
江戸前期の俳人,説話(実録)作者。本貫は安芸国(広島県)椋梨村で,出生地は京都。通称を椋梨三郎兵衛という。一雪は「かずゆき」とも。別号,富士丸,隠山,牛露軒,柳風庵。松永貞徳に俳諧を学び,山本西武に従って俳諧師となる。俳諧の作品よりも,『正章千句』(1648)を批判した『茶杓竹』(1663)以下の論争や,『日本武士鑑』(1696)の序文で井原西鶴を批判したことで名を知られる。また,天和(1681~84)ごろ難波に移ってから著した『古今犬著聞集』『犬著聞集抜書』『続著聞集』(『新著聞集』は改編本)は,近世説話の源流をなすものとされる。

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

椋梨一雪の関連キーワード浅見左逸阿形但秀尼坂好道半井和年太祇立圃池田宗旦智月尼虚栗河合曽良

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone