コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本西武 やまもと さいむ

5件 の用語解説(山本西武の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

山本西武

俳人。通称綿屋九郎右衛門、別号に無外軒・風外軒等。京都生。初め神官、のち綿商を営む。7才から貞徳に学び、故事秘訣を伝授する。貞徳の命により貞門第一の句集『鷹筑波』を編集。著書に『砂金嚢』『久流留』等がある。延宝6年(1678)歿、72才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本西武 やまもと-さいむ

1610-1682 江戸時代前期の俳人。
慶長15年生まれ。京都の人。7歳で松永貞徳に入門。「鷹筑波(たかつくば)集」の編集をまかされ,式目書「久流留(くるる)」をあらわす。師の没後は安原貞室と後継をあらそった。天和(てんな)2年3月12日死去。73歳。名は西武(にしたけ)。通称は綿屋九郎左衛門。
【格言など】夜の明て花にひらくや浄土門(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山本西武

没年:天和2.3.12(1682.4.19)
生年:慶長15(1610)
江戸前期の俳人。俗称,綿屋九郎左衛門。本名の西武を,剃髪後音読し俳号・法名とした。別号,無外軒,風外軒,無外斎。京都の人。綿屋を営む。貞門七俳仙ひとり。7歳で松永貞徳の私塾に入り,11歳で俳諧を始めた。貞徳に可愛がられ,20歳のとき,俳諧史上,正式の会の初めであるとされる京都妙満寺の俳席で,亭主を務めたと伝えられる。多くの秘伝書を伝授され,貞門第2の選集『鷹筑波』(1642),式目書『久流留』(1650)を編んだ。貞徳没後はその正統継承者の地位を安原貞室と争った。

(加藤定彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山本西武
やまもとさいむ

江戸時代前期の俳人。通称,九郎左衛門。別号,無外軒,風外軒,風外斎。松永貞徳の愛弟子で,『鷹筑波集』 (1638) ,『久流留』 (50) の編纂を命じられ,師没後『沙金袋』 (57) ,『沙金袋後集』 (75) などを編んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山本西武
やまもとさいむ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の山本西武の言及

【西武】より

…江戸前期の俳人。姓は山本,通称は九郎左衛門,本名は西武(にしたけ)。剃髪後本名を音読して俳号とした。別号は無外軒,風外軒,風外斎。京都の人。家業は綿屋。幼少のころから貞徳に師事,1636年(寛永13)俳諧の口伝を受けたのをはじめ,貞徳直門の撰集《鷹筑波集(たかつくばしゆう)》(1642)や,式目書《久流留(くるる)》(1650)の編著を命じられるなど貞徳の信頼あつく,みずからも独吟万句《ツイスヘ子》(1652成立),発句集《沙金袋(さきんぶくろ)》(1657)等を著して,貞門七俳仙の一人にかぞえられた。…

※「山本西武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山本西武の関連キーワード阿形但秀堀江頼直次郎左衛門雛智月尼太郎左衛門塩屋九左衛門塩屋九郎右衛門(初代)塩屋九郎右衛門(2代)那波屋九郎左衛門(初代)塙九郎左衛門尉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone