コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植中直斎 うえなか ちょくさい

2件 の用語解説(植中直斎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

植中直斎

日本画家。奈良県生。名は直治郎、号は無畏鎧。深田直城橋本雅邦山元春挙に師事。沢村専太郎に美術史の指導を受ける。池田桂仙井口華秋・上田萬秋らと日本自由画壇を結成するがのち脱退、文展・帝展で活躍する。歴史風俗画を得意とした。帝展推薦。昭和52年(1977)歿、91才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植中直斎 うえなか-ちょくさい

1885-1977 明治-昭和時代の日本画家。
明治18年10月1日生まれ。深田直城,橋本雅邦に師事。また田中智学に日蓮(にちれん)宗の教義をまなぶ。大正2年山元春挙に入門。文展,帝展などに仏教画を発表。昭和48年「日蓮聖人絵伝」を完成。昭和52年8月12日死去。91歳。奈良県出身。本名は直治郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

植中直斎の関連キーワード長野草風野生司香雪山下竹斎山田申吾和田芳恵小野秀雄金子武夫中村孝也山下巌山下紅畝