コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中智学 たなか ちがく

7件 の用語解説(田中智学の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

田中智学

宗教家。東京生。東京江戸川一之江妙覚寺で得度。のち僧籍を返還し、日蓮宗を脱して日蓮主義による宗教活動を提唱。立正安国会創立。日刊新聞『天業民報』を発行。国柱会本部を建設。昭和14年(1939)歿、79才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

田中智学【たなかちがく】

日蓮宗系の在家仏教運動者。東京生れ。幼名巴之助。10歳で得度したが,1879年に還俗,1880年横浜で蓮華会を結成して在家仏教運動を開始。1885年には東京に移って立正安国会を創立,1914年には国柱会を設立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中智学 たなか-ちがく

1861-1939 明治-昭和時代前期の仏教運動家。
文久元年11月13日生まれ。明治12年日蓮宗門から還俗(げんぞく)。17年東京で立正安国会を結成,大正3年国柱会を創設。法華経と国体との一体化を説いた。その独自の日蓮主義は高山樗牛(ちょぎゅう)らに影響をあたえた。昭和14年11月17日死去。79歳。江戸出身。旧姓は多田。名は巴之助。著作に「宗門之維新」「日蓮主義教学大観」など。
【格言など】仏法は仏法でござる。権威よりも道理じゃ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たなかちがく【田中智学】

1861‐1939(文久1‐昭和14)
近代の日蓮系在家仏教運動者。東京日本橋に生まれた。幼名巴之助。10歳のとき日蓮宗の僧について得度したが,当時の日蓮宗檀林の天台教学中心の学風と教団の摂受(しようじゆ)的傾向にあきたらず,1879年脱宗還俗した。翌80年横浜に蓮華会をおこして在家仏教運動を開始,85年には東京に移り立正安国会を,さらに1914年には国柱会を創立した。主として講演と著述による折伏(しやくぶく)中心の活動を展開,その著《宗門之維新》《本化摂折論》は当時の日蓮系の僧俗に影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たなかちがく【田中智学】

1861~1939) 宗教家。江戸生まれ。国家主義をとりこんだ在家仏教運動を始め、国柱会を創始。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田中智学
たなかちがく

[生]文久1(1861).11.13. 江戸
[没]1939.11.17. 東京
宗教家。町医者多田玄龍の3男。本名は巴之助。幼少にして日蓮宗に入ったが,宗門にあきたらず 1879年脱宗。翌年法華信仰の在家信者団体,蓮華会をつくった。 91年東京で立正安国会 (のちの国柱会 ) を創立し宗教の革新を唱道した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中智学
たなかちがく
(1861―1939)

明治~昭和期の宗教家。国柱会(こくちゅうかい)の創始者。江戸・日本橋の生まれ。本名巴之助(ともえのすけ)。鐘宇(しょうう)、巴雷(はらい)と号した。父の医師多田玄竜(げんりゅう)は、法華(ほっけ)信者。幼にして父母を失い、東京・江戸川一之江の日蓮宗妙覚寺で得度、二本榎(えのき)大教院などに学んだが、やがてその教学を疑い、還俗(げんぞく)して1880年(明治13)に横浜に蓮華(れんげ)会をおこして祖道復古、宗門改革を目ざした。84年には東京に進出して在家仏教の立場から立正安国会を創立、87年には日本最初の仏教結婚式を制定、また教学の府として鎌倉に師子王(ししおう)文庫を設立する。さらに1914年(大正3)には、有縁(うえん)の諸団体を統合して教行を統一して、檀家(だんか)制度によらない信仰者の組織である国柱会を創始した。この間、日蓮主義組織教学を大成、また日本国体学を創建した。編著は『日蓮主義教学大観』『本化聖典大辞林』など200種に及ぶが、なかでも『宗門之維新』に啓発された高山樗牛(ちょぎゅう)をはじめ、姉崎正治(まさはる)(嘲風(ちょうふう))、石原莞爾(いしはらかんじ)、宮沢賢治、中里介山(かいざん)、田中光顕(みつあき)ら多くの人々を感化した。[中平千三郎]
『田中智学著『師子王全集』全36巻(1931・同書刊行会) ▽田中芳谷著『田中智学先生略伝』(1953/改訂版・1974・真世界社・師子王文庫) ▽田中芳谷監修『田中智学先生影譜』(1960・真世界社・師子王文庫) ▽田中香浦著『田中智学』(1977・真世界社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田中智学の言及

【国柱会】より

…東京都江戸川区に事務所を置く仏教日蓮系の宗教団体。創設者田中智学(1861‐1939)は,江戸日本橋の医者の子として生まれたが,10歳の年に父を失い日蓮宗の寺で出家得度した。日蓮の思想に学ぶうちに,個人の心の救済よりも社会環境の浄化を重視するようになり,宗門のあり方に疑問を感じて,19歳で還俗し,1880年在家仏教の運動のために蓮華会を創立,85年蓮華会は立正安国会に発展した。…

※「田中智学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中智学の関連キーワード鬼頭道周優婆夷国柱会彭紹升在家仏教本門仏立宗東京都中央区日本橋久保継成長寿庵米賀弓の屋春兄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中智学の関連情報