コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村澄三郎 うえむら ちょうざぶろう

1件 の用語解説(植村澄三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村澄三郎 うえむら-ちょうざぶろう

1862-1941 明治-昭和時代前期の経営者。
文久2年10月11日生まれ。明治22年北海道炭礦鉄道設立のときに入社し経理部支配人となる。のち渋沢栄一の勧めで27年札幌麦酒専務取締役,39年大日本麦酒常務取締役に就任。原料麦の改良,麦芽・ホップの国産化などにつとめた。昭和16年1月17日死去。80歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植村澄三郎の関連キーワード治安維持法日米交渉サイゴン条約黒住教陥没カルデラ有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone