コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村澄三郎 うえむら ちょうざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村澄三郎 うえむら-ちょうざぶろう

1862-1941 明治-昭和時代前期の経営者。
文久2年10月11日生まれ。明治22年北海道炭礦鉄道設立のときに入社し経理部支配人となる。のち渋沢栄一の勧めで27年札幌麦酒専務取締役,39年大日本麦酒常務取締役に就任。原料麦の改良,麦芽ホップの国産化などにつとめた。昭和16年1月17日死去。80歳。甲斐(かい)(山梨県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植村澄三郎の関連キーワード高島嘉右衛門植村甲午郎経営者

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android