コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植村禹言 うえむら のぶこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植村禹言 うえむら-のぶこと

?-1782 江戸時代中期の地誌研究家。
大和(奈良県)の人。本居宣長(もとおり-のりなが)の「玉勝間」で,「大和国内のふるいことはとくにくわしい」などと紹介されている。天明2年2月27日死去。字(あざな)は之兪。号は琶山。著作に「広大和名勝志」「志摩志紀伊志」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

植村禹言の関連キーワードフェイト天明の飢饉フェイト石谷清昌ラーマ[1世]イェルムティプ・スルターン児童文学蒸気機関竹内式部

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android