コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植樹 ショクジュ

デジタル大辞泉の解説

しょく‐じゅ【植樹】

[名](スル)樹木を植えること。「誕生記念に植樹する」「植樹祭」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくじゅ【植樹】

( 名 ) スル
木を植えること。 「卒業記念に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の植樹の言及

【植林】より

…一般には造林とほぼ同じ意味で使われることもあるが,専門的には,造林は人工造林と天然更新に分けられており,植林は人工造林の意味で用いるべきである。樹木を植えることを植樹というが,人工造林のうちで最も広く行われている方法に植樹造林がある。これは本来は苗木を植える造林法であるが,植林はこの植樹造林が縮められたものと考えるのが語感に最もふさわしい。…

【並木】より


[日本]
 奈良時代の759年(天平宝字3)に東大寺の普照の奏状により五畿七道の駅路の両側に果樹を植えさせ,木陰を旅人の休息場とし,木の実を食料とさせる官符が出ているのが街道の並木の始まりとされ,平安時代にも引き続き果樹が植えられている。戦国時代末には織田信長が1575年(天正3)に東海道と東山道に松や柳を植樹させ,上杉謙信,前田利長,加藤清正らも領内の街道に諸木を植えさせて街道の整備を行っている。江戸時代に入って1604年(慶長9)に徳川秀忠が五街道をはじめとする諸街道を整備するために並木を植えることを命じて以降,江戸幕府はその検分や補植,雑木の刈払い,道の両端の歩行の禁止を命じ,木陰になった場所の年貢免除を行うなど保護策をとり,諸大名もそれにならったので全国の街道に並木が見られるようになった。…

※「植樹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

植樹の関連キーワード水源の森づくりをすすめる市民の会レクイエムロード運動千本松原県立自然公園天皇の政治行為禁止スリーマハー菩提樹香川県木田郡三木町コッシュートの泉グリーンウェイブかなりんちゃん人工林の団地化高木孫右衛門八百比丘尼天皇の行為岩崎 あい奥村麻衣子桜井ゆかり岩崎あい緑化運動公的行為白球の森

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植樹の関連情報