コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植草圭之助 うえくさ けいのすけ

1件 の用語解説(植草圭之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植草圭之助 うえくさ-けいのすけ

1910-1993 昭和-平成時代の脚本家。
明治43年3月5日生まれ。菊池寛主宰の脚本研究会にくわわり,昭和16年戯曲「佐宗医院」が文学座で上演される。17年「母の地図」で映画シナリオに転じ,「今ひとたびの」「酔いどれ天使」などを担当した。平成5年12月19日死去。83歳。東京出身。本名は銈之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の植草圭之助の言及

【酔いどれ天使】より

黒沢明監督作品。戦後の貧しい青春を描いた《素晴らしき日曜日》(1947)につづいて,脚本は植草圭之助とのコンビによっている。戦後社会の一つの象徴的産物である闇市にのさばるやくざたちを取りあげ,中年を過ぎた酔いどれの医師(志村喬)と結核を病むやくざの青年(三船敏郎)との交流を描きながら,やくざの世界の至高の道徳律であり誇りである〈仁義〉の虚偽とむなしさを痛烈にあばきつつ,日本の戦後社会の世相と精神構造,その動揺と混乱を的確かつ鮮烈にとらえた作品であった。…

※「植草圭之助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

植草圭之助の関連キーワード新井一池端俊策国弘威雄田中陽造田向正健中島丈博野上竜雄服部ケイ水木洋子依田義賢

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

植草圭之助の関連情報