椎名亮輔(読み)しいな りょうすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

椎名亮輔 しいな-りょうすけ

1960- 昭和後期-平成時代の音楽学者。
昭和35年9月27日生まれ。東大を卒業後,フランスのパリ第8大,ソフィア・アンチポリス大に留学。東大助手,桐朋学園大非常勤講師,リール第3大講師などをへて,平成13年同志社女子大助教授,21年同大教授。23年「デオダ・ド・セヴラック―南仏の風、郷愁の音画」で吉田秀和賞。東京都出身。著作はほかに「音楽的時間の変容」「狂気の西洋音楽史―シュレーバー症例から聞こえてくるもの」,訳書にマイケル・ナイマン「実験音楽―ケージとその後」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android