コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検土杖 けんどじょうsoil auger

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

検土杖
けんどじょう
soil auger

土質調査のため,地中土砂を採取するのに用いる棒状の器具。棒の長さは1~1.5m。先端部に数十 cmの縦溝が彫り込まれ,この溝の深さまで棒を差込んで回転すると,溝の中に地中の土砂が取込まれ,土を採取することができる。棒の上部には回転が容易なように柄がついている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検土杖
けんどじょう

農場や牧草地の耕土の深さや土質などを調査するときに用いる用具の一種。ボーリングステッキともいう。鋼鉄製の丸棒で、長さは1メートル、土質を調べる先端部(採土部分)は30センチメートルである。形は移植ごてに似て凹状の幅1センチメートルの溝がついており、その溝の部分に食い込んだ土を検査する。また家庭での庭の土の硬さを調べるときにも、差し込んだ深さで耕土がわかる。[堀 保男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

検土杖の関連キーワード土壌調査

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android