コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

椹野荘 ふしののしょう

1件 の用語解説(椹野荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふしののしょう【椹野荘】

周防国吉敷郡(現,山口県吉敷郡小郡町,山口市嘉川一帯)の荘園。8世紀中葉,東大寺に勅施入された寺田より成立する。田数91町6段余の当荘は,平安時代中期までに荒廃・顚倒したが,1196年(建久7)東大寺再建活動を進める大勧進職俊乗房重源の訴えにより,寺領として再興された。所当年貢は同年に創始された大仏殿両界供養法・最勝講の供料にあてられ,当荘は顕密供料所と称された。以後鎌倉時代を通して惣東大寺を本所とし,その領家職は重源より東南院,西室院に相承された後,ふたたび惣東大寺に帰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

椹野荘の関連キーワード小郡吉敷郡秋本新蔵北川清助清綱常田角左衛門東条就頼林勇蔵松永周甫吉富簡一

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone