乱入(読み)みだれいる

精選版 日本国語大辞典「乱入」の解説

みだれ‐い・る【乱入】

〘自ラ四〙 大勢の人が秩序なく一時にはいりこむ。入り乱れて中にはいる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※平家(13C前)一一「まづ内裏にみだれいり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乱入」の解説

らん‐にゅう〔‐ニフ〕【乱入/濫入】

[名](スル)多くの者がむりやりどっと押し入ること。「観衆がグランド内に―する」
[類語]侵入侵す侵害侵略進入入り込む潜り込む忍び込む忍び入る紛れ込む割り込む分け入る潜入浸入闖入ちんにゅう流入深入り侵寇侵犯突入侵攻切り込む踏み込む乗り込む立ち入る押し入る駆け込む走り込む押し込む繰り込む上がり込む舞い込む足を踏み入れる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「乱入」の解説

【乱入】らんにゆう

踏み込む。

字通「乱」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android