コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楊仁山 ようにんざんYang Ren-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楊仁山
ようにんざん
Yang Ren-shan

[生]道光17(1837)
[没]宣統3(1911)
中国,清末の在家仏教者。名は文会。中年にして『大乗起信論』を読んで仏道に帰依し,居士として王梅叔,魏剛己らと交わった。同治5 (1866) 年鄭学川の刻経事業に参加。また T.リチャードに協力し『大乗起信論』の英訳を助けたり,のちには金陵刻経処を創設し仏典の出版に生涯を捧げた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

楊仁山
ようにんざん
(1837―1911)

中国の僧。楊文会(ようぶんかい)ともいう。安徽(あんき)省石(せきたい)県の人。清(しん)末の居士(こじ)仏教を代表する人物であり、太平天国の乱(1833~1864)のあと、仏教の復興運動に力を入れ、仏教研究、弘通(ぐずう)、出版の面で活躍した。1897年(光緒23)に南京(ナンキン)に金陵刻経処を設け、底本を日本から輸入するなどして、戦乱によって失われた仏教書の刊行に努めた。この事業は次の民国時代にも、彼の弟子たちに受け継がれて、仏教の復興に大きな役割を果たした。[柏木弘雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

楊仁山の関連キーワードマンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールンベルニー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android