コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楓軒文書纂 ふうけんもんじょさん

1件 の用語解説(楓軒文書纂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふうけんもんじょさん【楓軒文書纂】

江戸時代に成立した古文書集。彰考館出仕の史家で,民政家としても知られた水戸藩士小宮山昌秀(号楓軒)が,文化・文政年間(1804‐30)に編集した模写古文書集。国立公文書館内閣文庫に自編の原本を所蔵。健筆で知られた昌秀はほかにも多くの著述をなしているが,本書もその収載範囲の全国的なことと量的な大きさは,《賜蘆文庫文書》とともに江戸時代の個人編集の模写文書集の双璧である。大部分は自筆模写で,まま他筆を交える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楓軒文書纂の関連キーワード広東政府古文古文書古文書学彰考館常服力石痴々塙一瓢森観斎森士行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone