コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楓軒文書纂 ふうけんもんじょさん

世界大百科事典 第2版の解説

ふうけんもんじょさん【楓軒文書纂】

江戸時代に成立した古文書集。彰考館出仕の史家で,民政家としても知られた水戸藩士小宮山昌秀(号楓軒)が,文化・文政年間(1804‐30)に編集した模写古文書集。国立公文書館内閣文庫に自編の原本を所蔵。健筆で知られた昌秀はほかにも多くの著述をなしているが,本書もその収載範囲の全国的なことと量的な大きさは,《賜蘆文庫文書》とともに江戸時代の個人編集の模写文書集の双璧である。大部分は自筆模写で,まま他筆を交える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android