コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠瀬幸彦 くすのせ さちひこ

2件 の用語解説(楠瀬幸彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠瀬幸彦 くすのせ-さちひこ

1858-1927 明治-大正時代の軍人。
安政5年3月15日生まれ。明治27年臨時京城公使館付。28年朝鮮の閔妃(ミンビ)暗殺事件関与の疑いで入獄し,翌年無罪。40年樺太守備隊司令官兼樺太庁長官。陸軍中将。大正2年第1次山本内閣の陸相となる。昭和2年10月13日死去。70歳。土佐(高知県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

楠瀬幸彦

没年:昭和2.10.13(1927)
生年:安政5.3.15(1858.4.28)
明治大正期の陸軍軍人。土佐(高知)藩士楠瀬正志の長男。明治13(1880)年陸軍士官学校卒,砲兵科。14~18年フランスに留学。22年参謀本部第1局員。27年臨時京城公使館付となり,翌年閔妃暗殺事件に関与したとして入獄。29年軍法会議で無罪となる。大阪砲兵工廠提理などを経て,日露戦争(1904~05)時には第2軍兵站監,次いで第4軍砲兵部長。戦後は樺太庁長官などを務め,40年に中将に進む。地方勤務が多かったのは,長州閥を批判したためだという。大正2(1913)~3年の山本権兵衛内閣ではその姿勢が評価されて陸軍大臣を務めた。<参考文献>鷺城学人『時代勢力の批判』

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の楠瀬幸彦の言及

【樺太庁】より

…所在地は08年以来豊原(現,ユジノ・サハリンスク)。長官は勅任官で,内務大臣(拓務省設置後は拓務大臣)の指揮監督を受けて法律命令を執行し,部内行政事務を管理するものとされ,18年の官制改正までは樺太守備隊司令官の兼任が認められていたが,初代の楠瀬幸彦(陸軍少将)のほかは代々文官で,内務官僚の就任を常とした。長官官房,内務部,農林部,警察部の内局と,支庁,警察署,林務署,鉄道事務所,郵便局,医院,中央試験所などの所属官署を持ち,樺太の開発を推進した。…

※「楠瀬幸彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

楠瀬幸彦の関連キーワード日活(株)安政の大獄小林良典ペリー安田雷洲梁川星巌山本貞一郎点紋粘板岩浮田一蕙徳川家定

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone