コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠瀬幸彦 くすのせ さちひこ

2件 の用語解説(楠瀬幸彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠瀬幸彦 くすのせ-さちひこ

1858-1927 明治-大正時代の軍人。
安政5年3月15日生まれ。明治27年臨時京城公使館付。28年朝鮮の閔妃(ミンビ)暗殺事件関与の疑いで入獄し,翌年無罪。40年樺太守備隊司令官兼樺太庁長官。陸軍中将。大正2年第1次山本内閣の陸相となる。昭和2年10月13日死去。70歳。土佐(高知県)出身。陸軍士官学校卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠瀬幸彦

没年:昭和2.10.13(1927)
生年:安政5.3.15(1858.4.28)
明治大正期の陸軍軍人。土佐(高知)藩士楠瀬正志の長男。明治13(1880)年陸軍士官学校卒,砲兵科。14~18年フランスに留学。22年参謀本部第1局員。27年臨時京城公使館付となり,翌年閔妃暗殺事件に関与したとして入獄。29年軍法会議で無罪となる。大阪砲兵工廠提理などを経て,日露戦争(1904~05)時には第2軍兵站監,次いで第4軍砲兵部長。戦後は樺太庁長官などを務め,40年に中将に進む。地方勤務が多かったのは,長州閥を批判したためだという。大正2(1913)~3年の山本権兵衛内閣ではその姿勢が評価されて陸軍大臣を務めた。<参考文献>鷺城学人『時代勢力の批判』

(鈴木淳)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の楠瀬幸彦の言及

【樺太庁】より

…所在地は08年以来豊原(現,ユジノ・サハリンスク)。長官は勅任官で,内務大臣(拓務省設置後は拓務大臣)の指揮監督を受けて法律命令を執行し,部内行政事務を管理するものとされ,18年の官制改正までは樺太守備隊司令官の兼任が認められていたが,初代の楠瀬幸彦(陸軍少将)のほかは代々文官で,内務官僚の就任を常とした。長官官房,内務部,農林部,警察部の内局と,支庁,警察署,林務署,鉄道事務所,郵便局,医院,中央試験所などの所属官署を持ち,樺太の開発を推進した。…

※「楠瀬幸彦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

楠瀬幸彦の関連キーワード中村覚岡市之助河村正彦児島惣次郎鮫島重雄篠尾明済津野田是重仁田原重行畑英太郎由比光衛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone