コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠田敏郎 くすだ としろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠田敏郎 くすだ-としろう

1890-1951 明治-昭和時代の歌人。
明治23年4月26日生まれ。44年「詩歌」創刊にくわわり,白日社で前田夕暮に師事。歌誌「文珠蘭」を主宰し,昭和初期に京都で「短歌月刊」を発行した。昭和26年1月20日死去。60歳。京都出身。京都農林卒。本名は敏太郎。別名に檜山鳥夢,傷鳥。歌集に「流離」「身辺雑唱」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android