コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山帰来 サンキライ

デジタル大辞泉の解説

さんきらい【山帰来】

ユリ科の蔓性(つるせい)の落葉低木。全体にサルトリイバラに似るが、とげはない。夏、白い小花を開く。中国・インドシナ・インドに分布。地下の根茎を漢方で利尿・解熱・解毒薬にする。
サルトリイバラの別名。 花=春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんきらい【山帰来】

サルトリイバラの根茎を乾燥させた生薬。利尿・解熱・解毒薬などとして用いる。
サルトリイバラの異名。
ユリ科のつる性低木。中国南部・東南アジアなどに産する。サルトリイバラに似るが、とげがない。根茎を土茯苓どぶくりようといい薬用とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山帰来 (サンキライ)

植物。ユリ科の落葉つる性植物,薬用植物。サルトリイバラの別称

山帰来 (サンキライ)

植物。ユリ科のつる性低木

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

山帰来の関連キーワード滋賀県高島市朽木中牧矢嶋 歓一栗生 純夫大服・大福楠田 敏郎栗生純夫植物菝葜

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山帰来の関連情報