コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流離 サスライ

デジタル大辞泉の解説

さすらい〔さすらひ〕【流離】

あてもなくさまようこと。流浪(るろう)。「流離の身」「流離人(びと)」

りゅう‐り〔リウ‐〕【流離】

[名](スル)故郷を離れてあちこちをさまよい歩くこと。流浪。「流離の旅」「異郷に流離する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さすらい【流離】

さすらうこと。流浪るろう。漂泊。 「 -の旅に出る」 「 -の身」 「 -人びと

りゅうり【流離】

( 名 ) スル
故郷を出て他の土地をさまよい歩くこと。流浪。 「貴種きしゆ-譚たん」 「温は-して揚州に往つてゐた/魚玄機 鷗外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

流離の関連キーワード隆・柳・流・溜・留・硫・立・竜・粒・隆・龍億計天皇・弘計天皇キム・バン・キエウイムルル・カイスイブン・ハズム中村 佐喜子渟名城入姫命安寿と厨子王当世書生気質『源氏物語』平栗あつみ兵本 善矩江夏 美好田村 義也楠田 敏郎安岡章太郎貴種流離譚建国神話伊勢物語国崎定洞

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流離の関連情報