流離(読み)サスライ

  • さすらい さすらひ
  • さすらい〔さすらひ〕
  • さすらえ さすらへ
  • さすら・う さすらふ
  • さそら・う さそらふ
  • りゅうり リウ‥
  • りゅうり〔リウ〕
  • 流=離

デジタル大辞泉の解説

あてもなくさまようこと。流浪(るろう)。「流離の身」「流離人(びと)」
[名](スル)故郷を離れてあちこちをさまよい歩くこと。流浪。「流離の旅」「異郷に流離する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (四段活用動詞「さすらう(流離)」の連用形の名詞化)
① さすらうこと。あてどなくさまようこと。漂泊。流浪。さすらえ。
※人情本・花筐(1841)五「長五郎より来たりし封じを、披(ひら)いて見れば流離(サスラヒ)を、訊(と)ひなぐさむる文面は」
② 島流し、左遷などによって都から遠く離れた土地に行くこと。さすらえ。
※俳諧・へらず口(不角撰)(1694)「左遷(さすらひ)の身は衣さへ返し染」
[1] 〘自ワ五(ハ四)〙 (中世には「さずらふ」とも)
① 身を寄せる所も定まった目的もなく、あちこちさまよい歩く。漂泊する。放浪する。さまよう。さそらう。
※延喜式(927)祝詞「根の国、底の国に坐す速さすらひめといふ神、持佐須良比(サスラヒ)失ひてむ」
※歌舞伎・傾城飛馬始(1789)三段「足なへの御病にて、天の岩舟にて、漂泊(サスラ)ひ給へど」
② 流罪、左遷などにあって、遠く離れた土地に行く。島流しになる。
※いろは字(1559)「謫 サズラフ 謫居(タクキョ)也」
※読本・新累解脱物語(1807)四「われ過(あやまち)なくて左遷(サスラフ)こと、彼(かの)妬婦が奸計によれりとしりながら」
③ 気持などが離れる。また、気持などが定まらない。
※大唐西域記長寛元年点(1163)七「上下の心を離(サスラフ)賤妾愚忠なりとも能く強敵を敗(やぶ)らむ」
[2] 〘自ハ下二〙 (室町時代頃からヤ行にも活用した)
① (一)①に同じ。
※書紀(720)崇神六年(寛文版訓)「百姓、流離(サスラヘ)ぬ」
※玉葉(1312)雑五・二五一九「頼み来(こ)し我が心にも捨てられて世にさすらふる身を厭ふかな〈藤原家隆〉」
② (一)②に同じ。
[語誌](1)(一)②の挙例の「いろは字」のほか、「日葡辞書」に「サスラエ、ユル、エタ、または、sazuraye(サズラエ)」とあるように、中世には第二音節が濁音の語形も見られた。
(2)活用に関しては、古くから四段と下二段が拮抗していたが、中世以降は四段が日常口頭語的、下二段が雅語的といった位相の違いも見られる。近代以降は四段活用が優勢となった。
(3)「和英語林集成(初版)」には「Saszraye, ru, ta サスラヘル」と下一段活用があげてあり、文書語または廃れた語を表わす記号が付されている。
〘名〙 (下二段活用動詞「さすらう(流離)」の連用形の名詞化)
② =さすらい(流離)②〔至宝抄(1585)〕
※俳諧・類船集(1676)留「在原中将東へくだり光君須磨にうつられしもさすらへの心か」
(「さすらう(流離)」の変化した語)
[1] 〘自ハ四〙 あちこちさまよい歩く。漂泊する。さすらう。
※石山寺本大唐西域記院政期点(1164‐90頃)八「一の書先有り。俳佪(サソラフ)こと帳望す」
[2] 〘自ハ下二〙 (一)に同じ。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「よにいふ甲斐なくなり、さそらへん時にを」
〘名〙 故郷を離れて遠くさすらうこと。居所を失ってあちこちさまようこと。流浪。
※続日本紀‐養老六年(722)閏四月乙丑「廼者。辺郡人民。暴被寇賊。遂適東西。流離分散」
※遊楽習道風見(1423‐28頃)「りうりの子のひなにてうつくしからんがごとし」 〔詩経‐邶風・旄丘〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

流離の関連情報