コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

業務上堕胎及び同致死傷罪 ギョウムジョウダタイオヨビドウチシショウザイ

デジタル大辞泉の解説

ぎょうむじょうだたいおよびどうちししょう‐ざい〔ゲフムジヤウダタイおよびドウチシシヤウ‐〕【業務上堕胎及び同致死傷罪】

医師助産師薬剤師などが、女性本人の依頼や承諾によって堕胎させる罪。刑法第214条が禁じ、3か月以上5年以下の懲役に処せられる。また、これによって女性を死傷させたときは、6か月以上7年以下の懲役に処せられる。業務上堕胎罪業務上堕胎致死傷罪業務上堕胎致死罪業務上堕胎致傷罪
[補説]母体保護法条件付きながら堕胎を認めているため、本罪を禁じる法は事実上空文化している。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

業務上堕胎及び同致死傷罪の関連キーワード業務上堕胎補説

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android