コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楯岡城 たておかじょう

1件 の用語解説(楯岡城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

たておかじょう【楯岡城】

山形県村山市(旧楯岡町)にあった中世の城郭。東西400m、南北200mの西楯山と、東西200m、南北150mの中楯山を城域とし、周囲を断崖絶壁で囲まれた堅固な山城(やまじろ)である。鎌倉時代初めの1208年(承元2)に前森氏が築城したといわれている。ついで本城氏が、1406年(応永13)には最上満直の四男の楯岡満国が入城し、以後楯岡氏が7代189年にわたって城主となった。最後の城主が最上義光の弟の楯岡光直で、義光の死後、その跡目をめぐって家臣と対立して御家騒動に発展し、1622年(元和8)の最上家改易の原因をつくった。この改易ののち、楯岡城は廃城となった。現在、頂上部周辺に郭跡が残っており、南側斜面には石垣も残されている。麓の登城口まではJR奥羽本線村山駅から徒歩約20分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楯岡城の関連キーワード東村山市村山市山形県高畠村山むらやま山形県県民会館原遺跡村山[市]喜早伊右衛門

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone