コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極地探検 きょくちたんけんpolar exploration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極地探検
きょくちたんけん
polar exploration

極地方や南極大陸で行われた探検。きびしい極地性気候をおかして行われる極地探検は,元来,航路の開発,捕鯨地域の開拓などが目的であったが,19世紀後半以来,激しい極点到達競争に変容し,北極点はアメリカの R. E.ピアリーによって 1909年4月6日北緯 89°57′まできわめられ,事実上の一番乗りとなった。南極点をめぐる R.アムンゼンと R. F.スコットの競争は,アムンゼンが 11年 12月 14日到達し無事帰還したのに対し,スコットは翌 12年1月 17日と遅れ,しかも帰路凍死という悲劇を招いた。以後の極地探検は,むしろ軍事上の目的,領土的野心が露骨となった。日本の白瀬矗中尉の南極探検もそのような意図で行われた。第2次世界大戦後,57~58年の第3回地球観測年を機に,共同観測地域になったので,さらに探検目的は変容し,再び研究またはスポーツ的なものとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

極地探検の関連キーワードアムンゼン(Roald Engelbregt Gravning Amundsen)ロス(Sir James Clark Ross)バード(Richard Evelyn Byrd)エーリヒ・ダゴベルト・フォン ドリガルスキージョージ・ヒューバート ウィルキンズリチャード・イヴリン バードR.E.G. アムンゼンリンカーン エルズワースリチャード・E. バードアドルファス グリーリーロアルド アムンゼンL. エルズワースアムンゼン(織物)ビルケト=スミットサモエード[種]ジェルラッシュヘームスケルクグリーンランドシャックルトンドリガルスキー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

極地探検の関連情報