コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南極探検 なんきょくたんけんAntarctic expeditions

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南極探検
なんきょくたんけん
Antarctic expeditions

18世紀後半から行なわれた南極における一連の探検。古代ギリシアの時代にすでに南極の存在は想像されていたが,ジェームズ・クックイギリス)が初めて南極圏を通過し,サウスサンドウィッチ諸島を発見した頃(1772~75)から本格的な探検がいくつかなされた。エドワード・ブランスフィールド(イギリス)はグレアムランド北西海岸を発見(1819~20)。ファビアン・ゴットリープ・フォン・ベリングスハウゼン(ロシア)は南緯70°付近に達し,ピーター1世島アレクサンダー島を発見した(1819~21)。クラーク(イギリス)はキングジョージ島で越冬(1820~21)。ジョン・ビスコー(イギリス)はエンダービーランド,アデレード島,ビスコー諸島,グレアムランド沿岸地方を発見(1830~32)。チャールズ・ウィルクス(アメリカ合衆国)はウィルクスランドを発見(1838~42)。ジェームズ・クラーク・ロス(イギリス)は初めてロス海に入り,サウスビクトリアランド(→ビクトリアランド),ロス島を発見(1839~43)。J.ロジャース(アメリカ)はハード島で越冬(1857~59)。その後,チャレンジャー号(イギリス)の海洋調査(1872~76),シュレーダー(ドイツ)のサウスジョージア越冬観測(1882~83),レオナルド・クリステンセン(ノルウェー)の南極大陸上陸などがあり,ロバート・ファルコン・スコット(イギリス)はビクトリアランド海岸とロス棚氷を調査(1901~04),アーネスト・ヘンリー・シャクルトン(イギリス)は南極高原に到達(1907~09)。ロアルド・アムンゼン(ノルウェー)は初めて南極点に到達(1911.12.14.)。スコットも南極点に到達(1912.1.17.)したが帰路に遭難。日本の白瀬矗もロス棚氷上に進出,大和雪原と命名した(1911~12)。リチャード・E.バード(アメリカ)はリトルアメリカに基地をつくり,航空機で南極上空を飛び,ロックフェラー山脈,マリーバードランドなどを発見(1928~30),さらに2次(1933~35),3次(1939~41),4次(1946~47)の探検を行ない,特に 4次は海軍参加の大規模なもので,ハイジャンプ作戦と呼ばれる。ノルウェー,イギリス,スウェーデンは 3国共同探検隊を編成し,人工地震によって氷床の厚さを測定した(1949~52)。ビビアン・フックス(イギリス)がエドモンド・ヒラリー(ニュージーランド)の協力を得て,初めて大陸横断に成功した(1958)。国際地球観測年(1957~58)を契機として科学的観測時代に入り,各国は永続的な基地を建設,日本も昭和基地(1957),みずほ基地(1970),あすか観測拠点(1985),ドームふじ(1995)の 4基地を設け,継続的に観測を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

南極探検の関連キーワードケリーアーネスト・ヘンリー シャクルトンサー・ジェイムズ・クラーク ロスジョージ・J. デュフェックプリンセスアストリッド海岸リチャード・E. バードエドワード ウィルソンプリンスハラルド海岸マウンド エバンス秋田県にかほ市黒川ジョージ5世海岸ピョートル一世島ジョインビル諸島シャックルトンエレファント島ケルゲレン諸島ジェルラッシュD. モースンフィルヒナーコーツランド

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南極探検の関連情報