楼蘭探検(読み)ろうらんたんけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

楼蘭遺跡は,中国のシンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区内,タリム(塔里木)盆地東端にある古代遺跡楼蘭の名は前176年の文書に初めて登場し,前77年には国号を鄯善と改めた。鄯善国は,2世紀末から 3世紀初めに,インド系の移民団による国家へと姿を変え,ロプノール(羅布泊)湖のほとりに栄えたが,5~6世紀に滅亡し,その後はしだいに廃虚と化していた。1900年スウェーデンのスウェン・アンデルス・ヘディンが楼蘭の遺跡を発見し,発掘にあたったのに続いて,1907年と 1914年にはイギリスのマーク・オーレル・スタインが発掘にあたった。2人の探検家が発見した文書は使用されている言語名から「カローシュティー文書」(→カローシュティー文字)と呼ばれ,鄯善王国を知る貴重な資料となっている。その後,1988年には日中共同で楼蘭探検が実施された。外国の本格的な探検隊がこの地に入ったのは,スタイン以来 74年ぶりのことであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android