コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄯善 ぜんぜん Shan-shan

4件 の用語解説(鄯善の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄯善
ぜんぜん
Shan-shan

東トルキスタン(中国,シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区)のロプノール(羅布泊)湖南西にあった国。本来チャルキリク県あたりの国名であったらしく,史料上は,元鳳4(前77)年,楼蘭国を滅ぼし,その一王子に楼蘭南境の扞泥城(うでいじょう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜんぜん【鄯善】

中国天山南路南道の要衝にあって、前1世紀から5世紀にかけて栄えた古代オアシス国家吐谷渾(とよくこん)に征服された。→楼蘭(ろうらん)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんぜん【鄯善 Shàn shàn】

(1)中国,漢代の西域の国名。旧名楼蘭。楼蘭(2)中国,新疆ウイグル(維吾爾)自治区の県名。トゥルファン(吐魯番)盆地の東に位置する。清代に鄯善県が置かれたのに始まる。カナートによる灌漑が現在ゆきわたり,綿生産で知られるとともに,ハミ(哈密)瓜の産地としても有名である。【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぜんぜん【鄯善】

紀元前一世紀から紀元後五世紀までタリム盆地南東辺にあったオアシス国家。東西交易の要衝として栄えた。 → 楼蘭ろうらん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の鄯善の言及

【楼蘭】より

…その都城址は,新疆ウイグル(維吾爾)自治区ロプ・ノール(羅布泊)の北西にある。楼蘭の名は,前176年(文帝の4年),匈奴(きようど)から漢に送られた書簡の中にはじめて登場するが,以後も,匈奴・漢両国の支配下に置かれることが多く,前77年(元鳳4)には漢によって国王が殺害され,国号も楼蘭から鄯善へと改められた。前1世紀の鄯善,すなわち楼蘭(クロライナ)の戸数は,1570戸,人口は1万4100と伝えられ,当時の西域のオアシス諸都市の中では中程度の規模であった。…

※「鄯善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鄯善の関連キーワードエルサレム神殿πピタゴラス学派紀元前皇紀神武紀元ピュタゴラスアマサスΠέλλαペラの遺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone