コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄯善 ぜんぜんShan-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄯善
ぜんぜん
Shan-shan

東トルキスタン(中国,シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区)のロプノール(羅布泊)湖南西にあった国。本来チャルキリク県あたりの国名であったらしく,史料上は,元鳳4(前77)年,楼蘭国を滅ぼし,その一王子に楼蘭南境の扞泥城(うでいじょう。→ミーラン〈米蘭〉)を国都としチャルキリクに伊循屯田(いじゅんとんでん)を開き,あわせて支配させ,鄯善国と改称させたとあるのが初見。当時扞泥城はヘレニズム文化の東限をなしていたが,以後中国の影響も入り,西域南道(→西域南北道)東部の東西交易の要地として栄え,3世紀後半にはタリム(塔里木)盆地五大国の一つとなり,4世紀には国都は伊循城に移り,扞泥城は東故城と呼ばれた。5世紀には吐谷渾の支配に服して独立を失い(一時が支配),7世紀にチベット人の支配に入ったときには,鄯善の称はすでに失われていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんぜん【鄯善 Shàn shàn】

(1)中国,漢代の西域の国名。旧名楼蘭。楼蘭(2)中国,新疆ウイグル(維吾爾)自治区の県名。トゥルファン(吐魯番)盆地の東に位置する。清代に鄯善県が置かれたのに始まる。カナートによる灌漑が現在ゆきわたり,綿生産で知られるとともに,ハミ(哈密)瓜の産地としても有名である。【編集部】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんぜん【鄯善】

紀元前一世紀から紀元後五世紀までタリム盆地南東辺にあったオアシス国家。東西交易の要衝として栄えた。 → 楼蘭ろうらん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鄯善の言及

【楼蘭】より

…その都城址は,新疆ウイグル(維吾爾)自治区ロプ・ノール(羅布泊)の北西にある。楼蘭の名は,前176年(文帝の4年),匈奴(きようど)から漢に送られた書簡の中にはじめて登場するが,以後も,匈奴・漢両国の支配下に置かれることが多く,前77年(元鳳4)には漢によって国王が殺害され,国号も楼蘭から鄯善へと改められた。前1世紀の鄯善,すなわち楼蘭(クロライナ)の戸数は,1570戸,人口は1万4100と伝えられ,当時の西域のオアシス諸都市の中では中程度の規模であった。…

※「鄯善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鄯善の関連キーワードミーラン(米蘭)東トルキスタンクロライナ語トユク石窟ロプノールミーラーン楼蘭探検タリム曇無讖塔里木鄭吉班超

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android