コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄯善 ぜんぜんShan-shan

4件 の用語解説(鄯善の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄯善
ぜんぜん
Shan-shan

東トルキスタン(中国,シンチヤン(新疆)ウイグル(維吾爾)自治区)のロプノール(羅布泊)湖南西にあった国。本来チャルキリク県あたりの国名であったらしく,史料上は,元鳳4(前77)年,楼蘭国を滅ぼし,その一王子に楼蘭南境の扞泥城(うでいじょう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんぜん【鄯善】

中国天山南路南道の要衝にあって、前1世紀から5世紀にかけて栄えた古代オアシス国家吐谷渾(とよくこん)に征服された。→楼蘭(ろうらん)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんぜん【鄯善 Shàn shàn】

(1)中国,漢代の西域の国名。旧名楼蘭。楼蘭(2)中国,新疆ウイグル(維吾爾)自治区の県名。トゥルファン(吐魯番)盆地の東に位置する。清代に鄯善県が置かれたのに始まる。カナートによる灌漑が現在ゆきわたり,綿生産で知られるとともに,ハミ(哈密)瓜の産地としても有名である。【編集部】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の鄯善の言及

【楼蘭】より

…その都城址は,新疆ウイグル(維吾爾)自治区ロプ・ノール(羅布泊)の北西にある。楼蘭の名は,前176年(文帝の4年),匈奴(きようど)から漢に送られた書簡の中にはじめて登場するが,以後も,匈奴・漢両国の支配下に置かれることが多く,前77年(元鳳4)には漢によって国王が殺害され,国号も楼蘭から鄯善へと改められた。前1世紀の鄯善,すなわち楼蘭(クロライナ)の戸数は,1570戸,人口は1万4100と伝えられ,当時の西域のオアシス諸都市の中では中程度の規模であった。…

※「鄯善」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone