概念依存理論(読み)がいねんいそんりろん(英語表記)conceptual dependency theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

概念依存理論
がいねんいそんりろん
conceptual dependency theory

アメリカ合衆国の科学者ロジャー・C.シャンクが提唱した,自然言語の意味を表現するための枠組み。同じ意味をもつ文なら,たとえ表層の構造が異なっていても同じ表現で表されるべきものであり,そのような表現は,基本的な動詞といくつかの概念の組み合わせで表現できるというもの。1972年にほぼ完成された。シャンクの目的は,言語処理における言い換えの問題を扱うために,単語の意味を概念的に表現することにあった。この理論は,自然言語理解システムの意味処理を扱う理論に体系化され,その処理系はプログラム言語の LISPを用いて作成された。さらに,スクリプト理論の基礎となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android