コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

意味処理 いみしょりsemantic analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

意味処理
いみしょり
semantic analysis

自然言語処理における処理ステップの一つ。構文処理の結果に基づき,単語や文章の曖昧性を取り除き,意味の確定を行なう操作。意味解析ともいう。自然言語理解システムでは,(1) 形態素処理,(2) 構文処理,(3) 意味処理,(4) 文脈処理などのステップをもつ。人工知能において,人間のことばを理解するために意味処理や文脈処理のステップが重要視されている。しかし,すべての意味や文脈処理を入力していく手法ではシステムが複雑になりすぎる。また,文章を理解するには,各単語のもつ意味がほかの単語との関係などに応じて常に変化していることを理解しなければならない。1980年代はこの問題を解消する有効な手段が見つからなかったが,1990年代に入りインターネットの普及が進むと世界中の知識とシステムがつながるようになり,逐次更新される世界中のデータからコンピュータ自身が情報を整理,分類し,効率的に検索するアルゴリズム(機械学習)により,即時に知識を更新することが試みられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

意味処理の関連キーワード音声理解システム概念依存理論

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android