コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然言語理解 しぜんげんごりかいnatural language understanding

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然言語理解
しぜんげんごりかい
natural language understanding

われわれが普段使っていることばをコンピュータが理解すること。話しことばでコンピュータに命令したり,人工知能をもったコンピュータと対話することなどが可能になる。1970年代,言語理論の発展を背景に研究が本格化し,人間の知識をコンピュータのデータにどう変換するかという知識表現の研究が進んだ。1990年代にインターネットの普及が進むと,ネット上にある大量のデータをもとにそれぞれのことばのもつ意味をコンピュータみずからが学習する機械学習の研究が進み,音声認識音声合成機械翻訳システムの進歩にいかされ,2010年代にはインターネットのブラウザスマートフォンなどにも搭載された。言語は使われながら変化するという側面からも自然言語理解とインターネットは密接な関係にあり,言語理論から組み立てる当初の自然言語理解を補完するかたちでシステムを発展させている。(→音声理解システム

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自然言語理解の関連キーワード知能処理システム概念依存理論意味処理

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android