概算払(い)(読み)ガイサンバライ

デジタル大辞泉の解説

がいさん‐ばらい〔‐ばらひ〕【概算払(い)】

支払額が未定のときに、後で精算する条件でおよその見積額を支払うこと。概算渡し。
国や地方公共団体が、法規に従って、支出金額の未確定な債務について概算金額を支払うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がいさん‐ばらい ‥ばらひ【概算払】

〘名〙
① 支払い額の決定しない時、後で精算することにして、おおよその見積り額を支払うこと。概算渡し。
② 特に、国または地方公共団体が支出金額の未確定な債務について、支払い義務の確定しないうちに概算で支払うこと。
※健康保険法(1922)七〇条の二「前項の国庫負担金に付ては概算払を為すことを得」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android