コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

健康保険法 けんこうほけんほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

健康保険法
けんこうほけんほう

大正 11年法律 70号。健康保険に関する基本的法律で,古くからある社会保障法の一つ。健康保険には中小企業を対象とする政府管掌保険と,700人以上の事業所 (2以上の事業所が共同する場合は 3000人) において事業主が厚生労働大臣の認可などを受けて設立する健康保険組合管掌保険とがあり,健康保険法に定められた業種のうち,常時5人以上の従業員を使用する事業所の被用者は,強制被保険者として法律上加入が義務づけられている。被保険者には,このほかに任意継続被保険者がある。被保険者に対しては療養ならびに療養費の給付,傷病手当金の支給,埋葬料,出産育児一時金,出産手当金などが支給される。この給付は被保険者の業務外の事由による疾病,負傷,死亡または分娩についても同様に行なわれ,また被保険者の扶養家族についてもなされる。健康保険の財源は,国庫負担金および保険料で,保険料率は政府管掌保険においては法がその定率を定め,組合管掌保険においては厚生労働大臣の認可を受けて組合が決定することになっている。 2002年の改正によりサラリーマン本人などの医療費の自己負担が従来の2割から3割に引き上げられ,高齢者の自己負担もこれまでの定額から定率1割へと引き上げられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けんこうほけん‐ほう〔ケンカウホケンハフ〕【健康保険法】

事業所の雇用労働者およびその被扶養者を対象とする健康保険について定めている法律。大正11年(1922)制定、昭和2年(1927)から全面実施。→国民健康保険法

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんこうほけんほう【健康保険法】

労働者およびその被扶養者の、業務外の事由による疾病、負傷もしくは死亡または出産に関して保険給付を行い、国民の生活の安定と福祉の向上を目的とする法律。1922年(大正11)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の健康保険法の言及

【医療保険】より

…それは強制加入を条件とし,指定医療機関での医療と一定の手当金が支給された。その後ヨーロッパ各国がこの制度にならい,1911年にはイギリスも国民健康保険法を制定した。当初は,保険が認める医療内容は,安価でかつ効果的な治療にかぎられ,治療期間も短いなど,制限が厳しかった。…

【社会保険】より

…社会保険は20世紀に入ってしだいに他のヨーロッパ諸国の間に普及していった。日本で最初に社会保険立法が成立したのは22年公布の健康保険法においてであるが,関東大震災のため全面実施は27年に延期された。アメリカで連邦制度としての社会保険立法が成立するのはさらに遅く35年であった。…

※「健康保険法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

健康保険法の関連キーワード被保険者資格証明書と短期被保険者証社会保険診療報酬支払基金国民健康保険団体連合会健康保険組合連合会高額医療費負担制度日雇労働者健康保険保険外併用療養費組合管掌健康保険国民健康保険組合政府管掌健康保険医療保険審議会社会保険事務所退職者医療制度国民健康保険高度先進医療データヘルス静和病院事件特定療養費国民皆保険国保広域化

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

健康保険法の関連情報