榊保三郎(読み)さかき やすさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊保三郎 さかき-やすさぶろう

1870-1929 明治-大正時代の精神医学者。
明治3年4月24日生まれ。榊令輔(れいすけ)の3男。明治35年母校東京帝大の助教授となり,欧米留学後,39年九州帝大教授。大正14年九州帝大疑獄事件に連座して退職。バイオリニストとしても知られる。昭和4年3月19日死去。60歳。駿河(するが)(静岡県)出身。著作に「教育病理治療学」「性欲研究と精神分析学」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

榊保三郎の関連情報