コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榊保三郎 さかき やすさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榊保三郎 さかき-やすさぶろう

1870-1929 明治-大正時代の精神医学者。
明治3年4月24日生まれ。榊令輔(れいすけ)の3男。明治35年母校東京帝大の助教授となり,欧米留学後,39年九州帝大教授。大正14年九州帝大疑獄事件に連座して退職。バイオリニストとしても知られる。昭和4年3月19日死去。60歳。駿河(するが)(静岡県)出身。著作に「教育病理治療学」「性欲研究と精神分析学」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

榊保三郎の関連キーワード戦争文学製糸業日本科学史モルガン財閥山崎直方小橋一太イギリス映画大恐慌世界大恐慌大恐慌

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone