コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

榎井広国 えのいの ひろくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

榎井広国 えのいの-ひろくに

?-? 奈良時代の官吏。
和銅6年(713)参河守(みかわのかみ),霊亀(れいき)2年丹波守となる。養老5年井上内親王が伊勢斎宮(いせのさいぐう)となる儀式に列席。天平(てんぴょう)4年従四位上にすすみ大倭守(やまとのかみ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

榎井広国の関連キーワードフィリピクス・バルダネス小矢部ふるさと博物館サルゴン2世ロドリゴコンスタンチヌス南岳懐譲風土記シラバス楽山大仏出雲国風土記

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android