槇村 浩(読み)マキムラ コウ

20世紀日本人名事典の解説

槇村 浩
マキムラ コウ

昭和期の詩人,社会運動家



生年
明治45(1912)年6月1日

没年
昭和13(1938)年9月3日

出生地
高知県高知市廿代町

本名
吉田 豊道

学歴〔年〕
関西中〔昭和6年〕卒

経歴
海南中時代マルクス主義に共鳴、軍事教練反対運動を組織。のち岡山市の関西中に転校して詩作を始める。昭和6年3月高知に帰り、プロレタリア作家同盟高知支部を結成、7年2月日本共産青年同盟に参加。同年2月〜4月、「大衆の友」や「プロレタリア文学」などに「生ける銃架」「間島パルチザンの歌」「一九三二・二・二六」「出征」の4篇を発表、反戦詩人として注目を集める。同年4月検挙されて3年間入獄。再度の検挙でも非転向を貫いたが、その時の拷問や虐待で体調を悪くした。詩集に「間島パルチザンの歌」(昭39年)、また「槇村浩全集」(全1巻)がある。平成7年行方不明になっていた評論「日本詩歌史」が脱稿から60年ぶりに刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

槇村 浩 (まきむら ひろし)

生年月日:1912年6月1日
昭和時代の詩人
1938年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android