コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造・機能的分析 こうぞう・きのうてきぶんせきstructural-functional analysis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造・機能的分析
こうぞう・きのうてきぶんせき
structural-functional analysis

社会体系分析を行う一手法。社会体系の諸構成要素の成り立ちを諸変数間の機能的な相関関係として定式化し,そこにみられる要素間の機能上の相互依存関係が相対的な恒常性をもつ場合,その仕組みなり,あり方なりを構造と呼ぶ。この相対的に安定した構造の維持に対する諸構成要素の寄与,貢献の動態を機能と規定する。そこでまず社会体系の存続,発展に関する機能要件をとらえ,システムの要素間の機能的相互依存関係のパターンを明らかにしていく。こうして構造と機能両者の側面から社会体系の静態的なあるいは動態的な分析を行う手法が広く構造・機能的分析と呼ばれる。その最も精緻な定式化は T.パーソンズによってなされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

構造・機能的分析の関連キーワード構造機能分析的政治学

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android