コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒常性 こうじょうせいhomeostasis

翻訳|homeostasis

知恵蔵の解説

恒常性

ホメオスタシス」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうじょう‐せい〔コウジヤウ‐〕【恒常性】

生物の生理状態などが一定するように調節される性質。→ホメオスターシス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうじょうせい【恒常性】

生体がさまざまな環境の変化に対応して、内部状態を一定に保って生存を維持する現象。また、その状態。血液の性状の一定性や体温調節などがその例。動物では主に神経やホルモンによって行われる。ホメオスタシス。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の恒常性の言及

【知覚】より

…したがって今日では,知覚は受容器でとらえた感覚信号の空間的・時間的パターンから,中枢神経系で何段階かの情報処理を経て読み取られた,あるまとまった意味のある情報であると理解されている。
[知覚の恒常性]
 知覚はもともと感覚の種類によって大きく分かれているが,さらに同じ感覚の中でもいくつかのカテゴリーに分かれる。特に視覚は,明るさ,色彩,形態,大きさ,運動,奥行き,空間などさまざまなカテゴリーの知覚に分かれる。…

【ホメオスタシス】より

…生物の生理系(たとえば血液)が正常な状態を維持する現象を意味する言葉で,〈等しい〉とか〈同一〉という意味のhomeoと,〈平衡状態〉〈定常状態〉の意味のstasisを結びつけて,アメリカの生理学者キャノンW.B.Cannonが1932年に提唱したもの。恒常性とも訳される。 直接外環境の変動にさらされているバクテリアや単細胞の動植物とちがって,多細胞生物は体表に外被(皮膚,樹皮など)があり,体内に体液,樹液があるので,細胞にたいする外界の影響は多少とも間接的なものになる。…

※「恒常性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

恒常性の関連キーワードギブソン(James Jerome Gibson)cornified envelopeフォン=クリースの係数則ナトリウム利尿ペプチド均衡原理[国際政治]小胞体ストレス応答フィードバック制御構造・機能的分析知能指数の恒常性腎臓のはたらき小胞体ストレス世界糖尿病デー矢田部 達郎クラテュロス秋重 義治イタヤガイ内分泌療法キャノン重力変化水分平衡

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恒常性の関連情報