コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造機能主義 こうぞうきのうしゅぎstructual-functionalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

構造機能主義
こうぞうきのうしゅぎ
structual-functionalism

構造機能主義,あるいは構造機能理論というのは,社会学理論の一つの潮流に対して名づけられた名称である。それは,社会システムにおける構造形成および構造変動生起方向性を,当該社会システムにとっての機能的要件をよりよく充足するような方向性として説明しようとする,社会構造およびその変動についての社会学的分析の基本的方針を意味している。構造機能主義という名称そのものは,T.パーソンズの命名によるが,これを広義に解釈して,構造の語をつけない機能主義および社会システム理論と,互換的に使われうるものとして考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

構造機能主義の関連キーワードトゥレーヌ(Alain Touraine)リーチ(Edmund Leach)ハーバート・ジョージ ブルーマーネイル・ヨセフ スメルサー社会(society)ラドクリフブラウンエスノメソドロジーG. ジェルマーニA. トゥレーヌ現象学的社会学AGIL 図式機能主義人類学構造機能分析スメルサー社会心理学教育社会学社会学主義社会人類学政治人類学学校経営

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android