構造機能主義(読み)こうぞうきのうしゅぎ(英語表記)structual-functionalism

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「構造機能主義」の解説

構造機能主義
こうぞうきのうしゅぎ
structual-functionalism

構造機能主義,あるいは構造機能理論というのは,社会学理論の一つの潮流に対して名づけられた名称である。それは,社会システムにおける構造形成および構造変動生起の方向性を,当該社会システムにとっての機能的要件をよりよく充足するような方向性として説明しようとする,社会構造およびその変動についての社会学的分析の基本的方針を意味している。構造機能主義という名称そのものは,T.パーソンズ命名によるが,これを広義に解釈して,構造の語をつけない機能主義および社会システム理論と,互換的に使われうるものとして考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android