コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槐亭洞遺跡 かいていどういせき Koejŏngdong‐yuji

1件 の用語解説(槐亭洞遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいていどういせき【槐亭洞遺跡 Koejŏngdong‐yuji】

大韓民国忠清南道大田市槐亭洞にある無文土器(青銅器)時代の墳墓遺跡。土器と青銅器などの組合せがわかる一括遺物を出土して著名である。1967年に偶然に発見され,国立中央博物館によって調査された。墳墓は,低い丘陵地にあって,地表下2.7mの深さに竪穴式の石室を築いていて,自然石を積み上げた四壁の内法は,長さ約2.2m,幅約50cmを測る。石室の上半部は破壊がひどく不明である。石室の底面には,厚さ2cmほどの腐食した木質部分がみられたが,木棺の痕跡であるかもしれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

槐亭洞遺跡の関連キーワード韓国大韓民国忠清南道朝鮮語扶余在日本大韓民国民団巨文島青瓦台天安民団

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone