コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槐亭洞遺跡 かいていどういせきKoejŏngdong‐yuji

世界大百科事典 第2版の解説

かいていどういせき【槐亭洞遺跡 Koejŏngdong‐yuji】

大韓民国忠清南道大田市槐亭洞にある無文土器(青銅器)時代の墳墓遺跡。土器と青銅器などの組合せがわかる一括遺物を出土して著名である。1967年に偶然に発見され,国立中央博物館によって調査された。墳墓は,低い丘陵地にあって,地表下2.7mの深さに竪穴式の石室を築いていて,自然石を積み上げた四壁の内法は,長さ約2.2m,幅約50cmを測る。石室の上半部は破壊がひどく不明である。石室の底面には,厚さ2cmほどの腐食した木質部分がみられたが,木棺の痕跡であるかもしれない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone