コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槙島昭武 まきしま てるたけ

2件 の用語解説(槙島昭武の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

槙島昭武 まきしま-てるたけ

まきしま-あきたけ

槙島昭武 まきしま-あきたけ

?-? 江戸時代前期-中期の国学者,軍記作家。
江戸の人。有職(ゆうそく)故実,古典にくわしく,享保(きょうほう)11年(1726)「関八州古戦録」をあらわす。名は別に郁。通称は彦八。号は駒谷散人。著作はほかに「北越軍談」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

槙島昭武の関連キーワード国学者斎部伊紀佐野郷成三鍼蔀遊燕高田未白田中式如西村有鄰秦信慶三宅環翠